カップルの間に迫る性病の原因

性病も風邪に似たのどの痛みを感じるので早期に検査

性病は陰部にのみ感染すると誤解している人も多いですが、のどに症状が出る人もいるため、のどが痛く痰や咳が出るなどといった症状の時に、単純に風邪をひいたと早とちりしないほうが良いです。

のどに感染する可能性がある性病はクラミジアや淋菌などがあり、とくにクラミジアは風邪とよく似た症状で、発熱をともなくことも多くなります。
淋菌は痛みや腫れを伴わない場合も結構あるため、感染に気付くことが遅れてしまう人もいます。
また口の中に炎症が起きるカンジダ菌などもあります。
性病に感染している人と性交を行うときにコンドームを用いることで、うつる危険を減らすことができますが、オーラルセックスやディープキスなどをしてしまうと感染する可能性が高くなります。

早期に薬の処方を受けて飲み始めることが最も重要です。
自覚症状が出ない場合もあるため定期的にパートナーと性病検査を受けに行くべきですし、どちらかが発症した場合にはもう一方も感染しているものと考えて検査を受けておいたほうが安心できます。
炎症は全身に悪影響を与えることがありますし、性病は女性の不妊症の原因になったり、早産になる危険や出産時に子供に感染してしまう可能性もあるため、早期に治療に取り組むべきです。

のどは他の細菌やウイルスによっても痛みや腫れが起きて炎症になる場合が多いため、あまり性病に知識がなかったり不得意な医師のクリニックで受けてしまうと正しい判断が行われないことがあります。
風邪の処方をされてしまうことがあるため、できるだけ専門的な知識を有しているクリニックに行き、体の状態の説明と性病感染を懸念している旨を伝えたほうが適切な検査を受けることができて、治療に取り組めます。
クリニックに行けない場合、検査キットを利用して調べる方法もあります。