カップルの間に迫る性病の原因

性行為の後は性病予防のためにもトイレへ

一度でも性行為の経験があればだれにでも可能性のある性病。
もしかして自分もなっているのかな?と思っていても相談しにくく、病院に行くのも恥ずかしい。

症状が出にくい性病もたくさんあります。
性病は自然治癒しない病気なのです。
放置しておくとパートナーとうつしたり、うつされたりを繰り返したり、不妊の原因にもなります。
性病によっては放置することによって最悪の事態が起こることもあり得ます。

ちょっと大げさに書きましたが、できれば性病にはなりたくないですね。

実はちょっとした予防法があるんです。
誰にでもできる簡単なことです。

それは「性行為の後にトイレに行く」ことです。

驚かれたでしょうか。
トイレに行って排尿することによって尿道についた細菌・ウイルスやカビを洗い流す効果が期待できるからなのです。
確実な予防法ではありませんが、性病になるリスクが少しでも下がるなら、簡単なことですのでやっておいて損はありませんね。

膀胱炎の原因になりやすい大腸菌も流れますので女性のに多い膀胱炎の予防にもなります。
性行為の後に膀胱炎を発症する女性も多いと聞きます。
まったりしてそのまま寝てしまいたい気持ちを抑えて一緒にトイレに行くのもいいですね。

この理屈からいくと

アナルセックスをした後も排便すると同様の効果が期待されます。
(アナルセックスは粘膜が傷つきやすく、その傷から血液感染するリスクがあります。ご注意ください。)

オーラルセックス後のうがいも同様の効果が期待されます。

しかし、しつこいようですが確実な予防法ではありませんので、疑わしいときは病院を受診するようにしてください。
性病の一番の予防は信頼できる相手とだけ性行為をする、コンドームを挿入前から使うなどです。